2014-12-31

what's "my wife's camera"?


今年はあっという間に大晦日になってしまった。
2-3週間前までまだ10月だったのに。

というわけで一年をラフに振り返ってみた。
前厄、本厄ときて、今年の後厄でいよいよ終わりか、と
軽い気持ちでいたけど、この最後の一年が何かと強烈だった。

わかりやすいところで言えばiPhone2台ダメにしたし、iPadも1台盗まれた。
妻から「持っていて」と言われたまとまった現金入りの財布も落とした。

とはいれこれらは所詮軽めのパンチ。

重めのものもドスドス喰らった中、メガトン級といえばやはりジョギング中に暴漢に襲われたころでしょう。

詳細は過去のポストを読んで欲しいのですが、状況としてはキワキワだったにも関わらず、幸い怪我は大したことなく大事には至らなかったので、事件の後も割りと冷静に平然と過ごしていたつもりでした。

そんな折に耳に入ってきたのがPharrellの"Happy"でした。





なんというのでしょう、バイラルメディアのチープな煽り文句みたいでイヤなのですが、聴いていくうちに止めどなく溢れ出す涙を止めることができなくなりました。

Youtubeを使ってバズらせるとか、恋チュンとの比較とか、トラックにひねりがないとか、この曲について色々なことを言う人がいますが、そういうものを一切抜きに、この曲がもつシンプルで力強いメッセージ、本当のHappinessとは何かという問いかけがサビのコーラス部分に入ると同時にストレートに胸に突き刺さったのです。

生きて妻や娘と会えるということがどれだけ幸せなのことなのかということが心のそこから感じられ、万感去来したのです。

正直いうと、2014年はシンドイ年でした。
それでもこうして家族ともども五体満足に年を越せるわけですから、悪い1年だったなんて言えるわけがないんだよなぁ。

来年はもっとHappyな年になると嬉しいけど。

Clap Along, everyone!!

No comments:

Post a Comment