2014-01-15

フード左翼と平安美人




フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』(朝日新書)の著者・速水健朗さんへのインタビュー記事がアップされた。

自分探しが止まらない』『ラーメンと愛国』『都市と消費とディズニーの夢』『1995年』など、速水さんといえば毎度面白い切り口で人気のライターだが、今回の本もまた面白かった。

フード左翼とは、アンチ「食の工業化」で、親「ベジタリアン、マクロビ、オーガニック」な人たち。フード右翼とはその対立概念で、ジャンクや安くて便利で量の多い物を好むような人たち。

本書はフード左翼を中心に書かれ、最終的には消費者としての立場が政治意識を決定づけているのではないかとする意欲作。まあ、面白いので興味のある人は読んで欲しい。

速水さんは近年フード左翼的食生活に傾斜しつつも、食の理想を過度に追求しようとする人たちには冷ややかだ。オーガニック食品だけでは世界の人口を支持することはできないので、遺伝子組み換え食品だろうが上手く活用していくべきだとしている。そして遺伝子組み換え食品を忌み嫌う人たちの主張はオカルトの域をでないと一刀両断する。

速水さんがそう考えるのも、彼が経済保守の立場に立っているからだ。つまり基本的には市場原理に任せた小さな政府がいいという発想だ。そのことは彼のこれまでの発言を見れば明白だし、インタビューも何度か「経済保守の立場をとっている」と自分で言っていた。

その考え方はとてもわかる。なぜなら私自身がちょっと前まで同じような立場だったからだ。中学高校の授業を通じて一番感動したことの一つはアダム・スミスの「神の見えざる手」の説明だったし、そういうメンタリティーがなければ新卒で証券会社なんていかない。

しかし最近少し考えが変わった。詳しく書くとキリがないので、簡単にいうと資本主義このままじゃ後数十年で行き詰まらざるをえないと考える理屈に行き着いたから(マーケットの成長率が資本移動に依拠しているということ、途上国の中産階級の激増、平均利潤率均等化の問題など)。

じゃあポスト資本主義に対して明確な回答があるかといえば、そんなものはあるはずもない。そしてどうしたらいいものか、と誰に頼まれるわけでもなく日々漠然と考えていた。

他方速水さんは、資本主義が限界に差し掛かっているという言説は、この150年くらいいつも繰り返されて叫ばれていることであり杞憂だ、という立場をとっている(本には書かれていないけど、インタビューではそう言ってた)。

とはいえ速水さんの考えは僕が抱いている危惧を払拭してくれるわけではない。今後人類はどういう道を模索すればいいのだろうと思っていたところ、宮台真司さんがVideonews.com の中で面白いことを言っていた。

それはスローフードとLOHASの違いを説明しているくだりでだった。宮台さん曰く、両者の違いは内発性と自発性の違い。つまりスローフードは「スーパーで売ってるよくわからない野菜よりも、多少値段が高くても顔なじみで気心しれた近所の農家のおっちゃんの作った野菜が買いたい」という気持ちであるのに対して、LOHASは「最近はオーガニック野菜が売れ筋だからオーガニックのラインアップを増やそう」とウォールマートが考えることという。

宮台さんは資本主義の限界と騒ぐ輩は愚昧で、内発性を高めることこそが大事だとも説いていた。

これは目からウロコだった。私がかつて新自由主義に傾倒し、速水さん同様経済保守の立場をとっていたのは、かっこいい言い方をすれば市場の力を信じていたからであり、ストレートにいうなら欲望に根ざしたシステムがとてもよくできていたからと思ったからだ。

宮台さんは、今のままでは資本主義は立ち行かなくなるけれども、欲望そのものがより健全なものになれば何の問題もないといっているのだ。

ここで問題は、果たして人間の欲望そのものを変えることができるのだろうかということだ。

少しでも安いものを買いたいという気持ちの強さには、ある種の普遍性があるのではと思えなくもない。

しかし必ずしも悲観することもないのかも知れない。もし人が経済合理性だけで動くなら行動経済学なんて発達するわけはない。感情の質そのものだって変わる可能性だってある。なにせ平安時代の美人は凹凸の少ないオカメ顔だったというのだから。

十二単を着たオカメ顔を可愛い!と人々が思うようになることと比べれば、顔見知りから野菜を買いたいと思うようになることの方が余程ハードルが低いと私は思う。

そして人々のマインドセットがそのように変われば、資本主義という枠組みを残したままでも十分に人々は持続性を勝ちうるかも知れない。いや、欲望がそのままエネルギーになる分だけ強度が強く、結果速水さんのいうとおり何らかしらのソリューションが生まれてくるかも知れないのだ。

とりあえず、顔の見える範囲の人へのありがとうを大切にするところから始めていこう。

what's "my wife's camera"?

No comments:

Post a Comment