2013-12-21

猪瀬直樹と中小企業30人の壁



猪瀬直樹が辞任した。

これまでの徳洲会の派手な金のバラマキ方や
特捜が起訴に慎重だった様子から鑑みるに、
今回の問題は必ずしも猪瀬直樹が本丸の巨悪とは思えないけど、
彼の脇の耐えられない甘さを考えると辞任自体はやむなしか。

もちろん金銭の受け渡しについてナイーヴすぎたことが
今回の直接的な原因になっていると思うが、都議会の執拗な
追究がなければあるいは猪瀬氏もかわし切れたかも知れない。

しかし芝居がかったイジメのような議会の追究でついに
ギブアップに追い込まれたというところだろう。

ところで一年間知事職にいた猪瀬氏はどのような知事だったのだろうか。
これについてはTBSラジオの「Session 22」の中で行政学専門の
中央大学教授佐々木信夫さんが解説していたのを聞いた。

それを聞く限り、エネルギー政策や高齢者向けケア付きハウスやら
それなりに興味深いことに取り組んでいたよう。しかも本人がかなり
イニシアティブをとりながら。

思えば彼は道路公団改革で名を馳せた人だけに、こうした自らの
手腕には自信があったから自ら先陣を切っていったようだ。

それが拙かったんだろうなぁ。
東京都の予算規模は12兆円規模。韓国の国家予算並だ。
どんなに優秀な人でもこの規模の組織を一人では動かせない。
チームをきちっと作って権限委譲をしてやっていかないと回らない。

しかし猪瀬氏はきっとそれができなかったんだろう。
自分の手腕に対する猛烈な自負があるだけに、人には任せられない。
官僚に任せると官僚の利益しか実現しないと肩肘張っていたのかも知れない。
史上最高の得票数が、もともと傲慢な人柄に輪をかけ、与野党問わず
都議会議員に上から目線で接してしまい信頼醸成ができなかったのかも知れない。

結果、疑獄事件発生後に都議会内でのイニシアチブ争いも兼ねての吊し上げに
会ってしまう。それが下世話な報道に乗って勢いが出て辞任せざるを得なく
なったのだろう。

この問題って起業した人がぶち当たる従業員30人の壁に似ている気がする。
スタートアップした会社が従業員30人規模になると壁を迎えるという問題だ。

どんな優秀な創業者社長でも、ある程度規模が大きくなったら
すべてを掌握することは不可能だ。
30人規模になれば社長とは膝詰めて話をしたことのない社員も増えて
くるだろうし。

にも関わらず、従業員すべてに自分と同じ気持で働いて欲しいと思い、
自分のコピーを作ることによって成長を目指すタイプの経営者がいる。

これは難しそうだ。もちろん経営理念やイズムを浸透させることは大事だ。
しかし、30人規模になったらもはやきちっとした組織を編成しないと
コントロール不能だろう。一人ひとりの得手不得手もちがうだろうし。

会社を起こして30人規模まで成長させるような経営者は、
大抵プレーヤーとしては優秀で推進力がある場合が多い。

他方、堅固な組織を作ろうとしたら、地味で遅々として進まない作業に
取り組まざるをえない。これはパワフルな経営者との食い合せがあまりよくない。

ならば信頼できる人に権限委譲をしてでも組織を築いていかないと、
早晩どこかで行き詰ってしまう。その人のキャパが30人なのか100人かは別にして。

優秀であればある程、他の人が頼りなく見える。しかし頼りないと
思われている方は、敏感に自分が信頼されていないことを感じ取る。
だから組織図を形だけ作っただけでは、チームとして力を発揮する
強力な組織はできない。

権限委譲を伴った組織作りは本当に難しい。でもそれができないと
いつまでたってもワンマンの洗練されない組織のままでとどまってしまう。

そしてワンマンが何かの拍子に判断を誤ってしまうと、組織として
挽回することができなくなる。

厳しい市場環境を勝ち抜き事業を大きくしていった力強いワンマン経営者を、
自分のことしか信じない傲慢な都知事と並列にしてしまうことに違和感を
覚える人もいるかも知れないが、チームとして機能する組織づくりという観点から
いえば、実はその両者になんら違いはないことは意識しておかなければいけない。

what's "my wife's camera"?


No comments:

Post a Comment