2013-01-10

20%ルールの続き。



先日のエントリーで20%ルールを適用した働き方について書いてみたものの、ちょっと具体的なイメージがつかみにくいかな、などと思ってみたりもした。

ところが先日「これこそ20%ルールの美しき形だ!」と思わせる人がいたので紹介したい。Rhymester の宇多丸さんだ。

Rhymesterといえば日本のヒップホップの草分け的存在のいわば大物グループ。宇多丸さんはそのラッパーの一人だが、活動の場はヒップホップのみに留まらず、アイドル評論からTV出演まで多岐に渡っている。

中でもTBSラジオに持つ冠番組「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」の映画評のコーナー「シネマハスラー」での活躍は際立っている。

詳しい経緯は知るよしもないが「宇多丸さん映画相当詳しいし、弁も立つし映画評できるんじゃないの?」という感じで始まったコーナーではないかと想像してみる。そしていざ始めることになった宇多丸さんは嬉しかったと同時に「オレなんかが公共の電波で映画評をやっていいのか」とビビったのではないかと。

というのも、いくら根が真面目とはいえ宇多丸さんのこのコーナーにかける準備が尋常じゃないのだ。たとえば一本の映画を評論をするのに、原作があれば読み、監督の過去作は可能な限り入手し予習し、3D映画なら3D版と2D版を、吹替えと字幕があるなら双方を、そうでなくとも一作2回は観て、きちっとノートを取ってから評論に臨むのだ。監督のインタビューなどを海外の記事をも含めてネットで調べているのもまず間違いないだろう。

甲斐あってコーナーは番組の人気コンテンツとなっており、このコーナーの評価が放送業界最高賞のギャラクシー賞の受賞にもつながった。今となっては宇多丸さんは日本で最も人気のある映画評をする人の一人といっても言いすぎではないだろう。

「映画評論家」という言葉を使わずに「映画評をする人」などという回りくどい表現を使ったのは、おそらく宇多丸さんは自分のことを映画評論家だとは考えていないだろうと思ったからだ。

本業はあくまでラッパーで、映画評はいわば「20%」の仕事として行っているというのが本人の自意識ではないか。

そしてそれこそが美しき「20%ルール」のあり方だと思うのだ。

言うまでもなく宇多丸さんの映画評はプロの評論家を名乗ってもまったく問題のないないクオリティーだ。

でも仮に「プロ」を「それでメシを食っていく人」と定義したなら、途端宇多丸さんはプロではなくなる。そもそも一本の映画を評するために毎回何本も本過去作を観て、原作を読んで調べ物して、なんて手間隙をかけてたら効率が悪すぎる。そんなやり方で食っていけるわけがない。

にも関わらず人気が出た後もそのやり方を継続するのは、大好きな映画に対するリスペクトがあるからだろう。そして濃密な熱量は確実にリスナーに伝わる。人気は衰えない。

食っていく必要性に迫られないからこその担保されるクオリティーがある。映画製作者や配給会社に媚びずに歯に衣着せずに言えることによって生まれる価値もある。

結果、宇多丸さんの映画評はイベントや書籍という形でマネタイズされる。そこで生まれたエネルギーが本業にもポジティブなバイブスをもたらす。
これほど綺麗なサイクルがあるだろうか。

意欲と才能がある人が、自らのGoodwillに従い本業とは異なったところで活躍をする。
そんな働き方をする人が増えたら、世の中はもう少し楽しい場所になるような気がする。

what's "my wife's camera"?

2013-01-06

20%ルール




またまたTBSラジオ「文化系トークラジオ Life」から。

編集者の仲俣暁生さんの言葉。
最近、NPOの立ち上げ、ボランティア、ミニコミ誌の発行など仲俣さんが「大人のクラブ活動」と呼ぶ活動をする30代、40代の人が増えていることについて触れて。

彼らがマネタイズできないにも関わらず通常業務の激務の合間を縫ってそういう活動にいそしむのは、それがGoogleの20%ルールに相当するからじゃないかと仲俣さんはいう。

Googleの20%ルールとは、勤務時間の20%を本業以外の自分の好きなプロジェクトに割くように義務付けるGoogleの社則。このことによって業務の硬直化を防ぎ革新的たり続けるのが目的のものだ。

しかし通常の企業にはそのような時間を設ける余裕がないので、個人で自らそれを行い自らの可能性を担保してるのではないかと。そしてそれが新しい働き方のヒントになるかもしれないのではないかと。

これを聞いた瞬間、すっと腹落ち。自分がやっていることはGoogle20%ルールなんだと。
そして仲俣さんの意見に激しく同意。

大して大きくないビジネスとはいえ、激しい競争環境の中レストランを経営することは正直決して楽な仕事ではない。にも関わらず、ライターの真似事をしたり映画祭のディレクターをしたり、色々なプロジェクトに首を突っ込んだりしてしまう。

持ち出しこそないものの、商売として考えたとき採算のとれるようなマネタイズはできていない。それでもやるのは好きだから、と思っていた。

でも「好きだから」といっても趣味とはちょっと違う。それぞれにそれなりにプロフェッショナルなスキルは投入している。そして結果自らの首を絞めるような忙しさになる。

なんでそこまでしてやるのか。

その理由はまさにGoogleの狙いのまま、硬直化をさけることができるからなのだ。
好きなことをする。しかも採算をあまり考えなくていい。脳のクリエイティブな部分が働く。

自分の理想とかポジティブな発想だけでプロジェクトに携われるからストレスが少ない。もちろんその分お金にもならないけど、生活は本業で担保されている。

だから忙しくてもストレスにならない。むしろ楽しい。心地好い。
そして心地好いバイブスの中ではいい仕事ができる。本業にも好影響を及ばす。

資本主義を全否定するのはバカげているけれども、いささか先鋭化しすぎてシステムに遊びがなくなりつつあるのも事実だ。20%の「遊び」はまさにイノベーションのジレンマを避けるためにも有効だ。

その20%で理想を追究できるのもいい。「そうは言っても食っていくてめにはしょうがないんだよ」と言わなくていいのがいい。

こういう働き方が広く普及すれば、行き過ぎた資本主義の負の側面を是正できるかも知れない。

そしてうまくいけばその20%から新たにマネタイズできるビジネスにつながるかも知れない。

戦後日本では会社が中間共同体の役割を果たしてきた。
でももうその役割を企業に負わせることはできない。

ならば会社を抜け、街へ出よう。
やりたいことをアクションに移してみよう。
みんながそうする社会はとても楽しいものな気がする。

my wife's camera"?

2013-01-01

再始動。



久しくブログから遠ざかっていた。
細々としたことに忙殺されていたというのも一つの理由だけど、もうひとつ大きな理由がある。

それはこのブログのタイトルにも関係のあることなのだけれども、最近あまり一眼で写真を撮っていないのだ。

このブログは写真家である妻が、素人時代に始めて買った一眼をゆずり受けたのを機に始めたものだった。

だから必ずエントリーにはそのカメラで撮った写真を載せるように決めていた。彼女が彼女のために買った記念のカメラだから、そのカメラで彼女を撮ることによってそのカメラを彼女のものにさせ続けようというややこしい発想だ。

何はともあれ、写真を撮っていないのでエントリーを上げようがない。だからご無沙汰した。

撮っていないといっても別に夫婦仲が悪くなったからというわけではない。むしろ妊娠してから私たち夫婦の絆はいっそう強まったかも知れない。

そう、妻が私たちの子供を宿したのだ。

よくある親バカのように私も子供の成長を記録したいという欲求に駆られた。しかし写真を撮るとなるとそれは自然妻の領分になろう。ならばと動画を撮ってみようということになったのだ。

子供が生まれてからでは遅いと私は妊娠が発覚してから少しずつ動画を撮る練習を始めた。動画を撮ること自体には上手い下手を考えなければ特に練習も必要ないのかも知れないけれども、その後の編集作業は馴れるのに時間がかかる。

だから馴れておこうと今まで妻に向けていた一眼のレンズをiPhoneのレンズに変えたのだ。

その結果、このブログに上げる写真がなくなった。そして遠ざかった。

別に誰に頼まれて何のために書いているわけでもないブログなので、フェイドアウトしてしまうのもありなのかなとも思った。この数年、FBなどSNSの発達によって発信ならわざわざブログというプラットフォームを使う必要もない。

でもやはりしばらく続けてみることにした。
このブログに明確な目的ができたからだ。

私は動画で妻と生まれてくる子供を記録する。将来子供はその動画を観るかもだろう。最初は楽しんだり、懐かしがったりするだけかも知れない。

しかしそのうち「お父さんはこのビデオをどういう気持ちで撮ったのかしら」とか「このときの親父は40歳か、今のオレとあまりかわらないな、当時どういうことを考えていたのだろう」と思うようになるかも知れない。

そのとき父親が書いたブログが残っているというのは悪くないんじゃないかと思う。
日記を覗き読みするのと違って、最初から公開されているものなので、いつか読みたいと思う日が来たら自由に読むことができるのだから。

というわけで、またブログを書くことにした。

といっても別にたいそうなことを書くわけではなく、内容は今までとあまり変わらないと思う。ただ妻のことを撮る写真が掲載されているエントリーが減ってしまうだけで。

still I dedicate this blog to my beloved wife and my wife's ex-camera.

what's "my wife's camera"?