2012-02-25

心のベストテン第一位は?W8




今朝ハーフマラソンを走りました。
私は適当にふらふら走っているだけですのでランニングの醍醐味を語る立場にはないのですが、それでも数少ない経験からいうとマラソンやハーフマラソンなどのレースの楽しみにコンディショニングというものがあると思います。

普段から真面目に走ってタイムを気にしながら出場する人にとってももちろんコンディショニングは大切ですし、私のように普段出鱈目に暴飲暴食をしている人にとっては20kmとか40kmの距離を走るのにはそれなりにコンディションを整えなければいけないわけです。

そして一度コンディショニングを意識しだすと色気がでてくるわけです。「こうやったらもう少しいいタイムが出るんじゃないか」と。

その結果少なからぬ人がオーバーワークになってしまい、コンディショニングに失敗します。

私も今回数週間前に新しいフィジカルトレーニングに出会い、それにはまりました。結果フィジカル昨日が向上し、かなり調子があがりました。しかし好事魔多しというように、コンディションがよくなりすぎたためトレーニングの後にハイペースで走り、結果右足ふくらはぎが肉離れを起こしそうになりました。

そこからは今日に向けて慎重に調整を続けてきました。

正直言って最後までふくらはぎが持つ自信は全然ありませんでした。だから今日は無理をせずマイペースでいこうと心に決めていました。

ところがいざ走り始めるとこの一週間大事にメンテナンスしてきたせいか、ふくらはぎの調子は存外よく淡々と走ることができました。

そうなると欲がでてくるというのが人間というもの。出発から数キロ経った緩やかなくだりで小さな集団に抜かれました。ふくらはぎの怪我をする前はタイムを狙おうと思って参加していただけに抜かれると変な色気がでてきました。

「今日の調子だったらこれついていけるんじゃねえか」

そこでその集団についていくことにしました。最初は快調についていったのですが、しばらくすると今度は左足ふくらはぎが変調を訴えてきました。このままではつったり肉離れを起こしたりするかも知れない状態です。


私はあわててペースをもとのものに戻しました。そして猛烈に反省しました。私は走る前に目標をタイムから完走に切り替えたはずたったにも関わらず他人に惑わされ、自分のペースを乱してしまいました。

もちろん競技者だったら競争相手の動向を把握するというのは大切です。でもその必要がないのに、勝手に他者の目を意識してしまったことによって大事なものを損なうところでした。

そしてそういうことはランニングだけではなく、生活の様々な面で起きうるでしょう。大切なのは人と比較をすることではないのに。

とにかく他人に惑わされることなく、真摯に自分と向き合いながら走る。ランニングにとって、そして人生にとって大切なことを学ぶことができたレースでした。

2時間2分38秒。

what's "my wife's camera"?

No comments:

Post a Comment