2011-04-28

I used to think nuclear energy was acceptable / 私は原子力発電に反対していませんでした。

Dear Friends all over the world,
<英語の後に日本文あります>

After the quake and Tsunami hit Japan, a lot of people are standing up against the nuclear power. And on one level or another you can say I'm one of them. However I need to confess that I wasn't strongly against nuclear power until all this happened. I was rather generous to it. I always thought it is some sort of necessary evil.

I alway thought we need to shift to renewable energy. But I was also told that the cost of nuclear power plant is much cheeper than other options. And I didn't want to give up power produced by it. I didn't want to imagine a world without a fridge, aircon nor iPhone.

And I believed that nuclear power plant is not that dangerous. I was naive enough to beleive what authorities announced. Even after the Chernobyl, I didn't take it seriously. I just thought "Yeah, that's the way of USSR. They used to make fighter jet with vacuum tubes. Outdated technologies. Moreover, they don't care much of peoples' lives. We are fine in Japan".

It must be a terrible prejudice. But that's exactly how I thought at the moment. And now I understand that I was totally wrong.

I hear some people outside Japan saying, " It was a terrible accident. I'm really sorry for the victims. But we don't have quake nor Tsunami here. And we still need nuclear power". I don't blame who think in this manner. It is exactly the same manner I thought. "Japan is different from USSR".

Some people say "The nuclear power plant in Fukushima is totally out-of-dated technology. Ours are different". Yes, that's true. Fukushima ones were designed more than 40 years ago by GE. However there is one thing that is not different from any single nuclear power plant in the world.

Once anything serious happened, there's nothing we can do. There's not a single clue to solve any problem. With regards to this, nothing has changed since the Chernobyl in 1986. And the cost we need to pay for it is enormous. Almost infinite.

And who can guarantee nothing will happen? Terrorism? Meteorite? Or Human error? Who knows? The only thing I can tell you for sure is that once it happened nobody can cover the full cost.

Yes, if nothing happens nuclear power is one of the most cost effective power. But you need to understand that it is effective in exchange of the possibility of ruining your country thoroughly.

The damage we are experiencing is much more than you are imaging. I hope the world will take the lesson of Fukushima seriously.

+++++++++++++

世界中の皆さま

震災が日本を襲って以降、多くの方々が反原発に立ち上がるようになりました。そして私もどちらかというとそういう立場にあります。でも正直いうと震災前までは私はむしろ原子力を許容していました。よくないものだよね、とは思いながら「でも必要悪か」というような気持ちでいました。

再生可能エネルギーに移行していかなければいけないという問題意識を持ってはいたものの、原子力は他のエネルギーよりもはるかに安価だということは聞かされていましたし、その恩恵を放棄するつもりはありませんでした。冷蔵庫や冷暖房、そしてiPhoneのない生活なんて絶対やだと思っていました。

そして原子力はもはやそこまで危険なものでもないという専門家の言葉を鵜呑みにするくらいお人好しでもありました。チェルノブイリの事故が起きた後も「だってソ連でしょ。真空管で戦闘機を作っているくらいのテクノロジーの国だからね。そもそも人命なんて全然気にしてなかったんじゃないの」

ひどい偏見ですね。でも当時はそう思っていたんです。そして今では完全にその考えを撤回しなければいけません。

海外の方で「本当にひどい事故でしたね。被害者にはなんとお悔やみ申し上げていいか。でも地震も津波もない我が国ではの現実的には考えるとやはり当面は原発なしではやっていけませんよね」と仰る方が少なからずいらっしゃいます。私は別にこういう方々を非難しようという気は全然ありません。私もまったく同じような心持ちでしたから。
「日本はソ連とは違うから」

「フクシマの原発は完全に旧式だからね。まあ、あれだけ古いモデルじゃ事故も生じかねないよね」と仰る方もいます。その通りです。フクシマの原発は40年以上も前にはGEによって設計されたものです。でもそのフクシマの原発は世界中のどの原発とも変わらない特徴も持っているのです。

それは一度深刻な自体が生じてしまったら、誰にもいかんともし難いという特徴です。問題解決のための方法論を世界中の誰も持っていないんです。この点においては25年前のチェルノブイリから何一つ進歩していません。そして一度事故が起きた際の代償は計り知れないということも同じです。そのコストは無限ともいえるでしょう。

そして事故が起きることがないなんて言い切れる人はいません。テロもあるし、隕石が落ちてくるかもしれない。人的ミスもありえます。可能性は絶対にあります。その中、唯一私が言い切れるのは、一度事故が起きた発生してしまったらその代償を払い切ることなんて誰にもできないということです。

何も起こらなければ原発は一番コスト効率がいいのかも知れません。でもその効率はあなたの国が徹底的に破壊されることになるかもしれないリスクの上に成り立っているということは理解しておいてください。

今日本人が体験しているダメージは間違いなくあなたの想像を遥かに凌駕しているものでしょう。世界の皆さま、フクシマの教訓をどうぞ真剣に受け止めてください。


what's "my wife's camera"?