2011-02-06

大相撲の八百長ってそんなに悪いですかね。



大相撲の春場所が中止になったようですね。
まあ、最近不祥事続きでそれに対して相撲協会がいったん中止して創業的出直しを図るという判断を下したのでしたらそれに反対するつもりはないんですけれども、大相撲において八百長ってそんなに悪いものですかね。

私は小学校のとき、親から「相撲には星の貸し借りがある」というようなことを聞きました。

小学生の私は別に失望もせず、逆に優勝争いしか興味がなかったので「そういうもんなんだ」とすんなり受け入れてしまったような気もするのですが相撲好きにはそんなことは常識ですよね。そもそもガチンコ(真剣勝負)という用語があるのですから(これ、元々は相撲用語ですからね)、逆にそうじゃない取組みがあるということは当然暗黙 の了解。

今回の八百長の日本における報道の温度はちょっとわからないのですけれども、騒ぎすぎじゃないですかね。特に相撲評論家とか相撲に対してコメントを求められるような立場の人が「あきれてモノも言えない」といって見せたり、「失望した。裏切られた気分だ」などと言っているのを聞くとかなり鼻白みますよね(その点「それも含めて楽しんでいた」といったやくみつるはエライ)。

彼らが星の貸し借りを知らないわけもないのに、インタビューされると急になぜカマトト善人ぶるのかがわかりません。かえって裏表のある腹黒い人に見えてしまいます。

そしてそういう人に限って朝青龍の一連の騒動のときは「横綱の品格」とかいうんですよね。

私は朝青龍は横綱としては不適格者だと思っていました。それは相撲が単なるスポーツではなく、神事を源にした国技であるから、というのが私の立場でした。だからからこそ伝統的な範囲内における星の貸し借り的なことには寛容なんです。

「神様はすべてお見通しです。だから八百長をしてはいけません」ということではなく、逆に「神様は人々が仲良く協力し合って暮らしていくことを望んでいます。だから節度を保った範囲であるのなら多少のことには目をつぶる寛容さはあります」という理解が日本的だと思うんですよね。そして相撲とは日本の神事なわけですから、この理解でいいのではないかと。

もちろんそれを否定して「完全に真剣勝負じゃなきゃいけない」という立場の人を否定するつもりはありませんよ。それはそれで一つの考え方です。相撲をスポーツとしてとらえて、八百長を糾弾し、国技の看板を下ろして普通のスポーツ団体として捉える方がいいという考え方もあるでしょう。

でもそれならば朝青龍が睨みつけたり、横綱ながら変化したり、外国人力士がガッツポーズをとってもそれに大して品格だとかなんだか言って文句言っちゃ駄目ですよね。「死に体」っていう判定もなしです、当然。

相撲が国際化するというのも一つの選択肢ではありますが、個人的に柔道が世界に広がったことを喜ばしく思うと同時にカラー道着を始め、ポイント制など柔道が本来の「道」としての柔道性を失いつつことあることを残念に思っている身としては、八百長問題にそこまで目くじらを立てなくてもいいと思うんですけどねえ。

今回の騒動を見ると、日本人の「大人度」が下がっているなあと感じてしまうなんて言ってしまっては国際社会じゃ通用しないんですかねぇ。

what's "my wife's camera"?

No comments:

Post a Comment