2010-09-04

スピンコントロール。



お袋がいきなり「民主党の代表戦、面白くなってきたわね」といってきた。
なんのことを話しているのかわからなかったので尋ねてみると、どうも小沢氏と菅氏の票読みが拮抗してきているということらしかった。

前にも書いたことがあるかも知れないけれども、小沢シンパを自称してはばからなかったこともあったけれども、何がやりたいかわからない今の小沢一郎にさほどの思い入れはない。かといって菅直人にもこれといってやりたいことがあるようにも思えない。

小沢一郎にやらせてみてその最後を見届けたいという思いと、こんなにころころ首相が変わってしまっていいのかという後ろ向きな思いを抱きながら今回の代表戦を傍観している。

そこに「代表戦拮抗」の知らせ。
情報のソースがお袋だからどうせどこかのニュースワイドショーの話なんだろうけれども、これって真に受けていいのか。
私自身はリアルな票読みは全然わからない。ただ漠然と支持基盤などを考えれば小沢一郎が勝つのだろうなと思う程度だ。そしてその差は少なからぬものではないかとも思う。

そう考えると今回の「僅差」報道には却って穿った見方をしてしまう。

もし小沢一郎圧倒的優位先行逃げ切りということになれば、すぐにそこかしこから小沢バッシングがおこるだろう。実態のない「カネと政治」問題とかまったく根拠のない「説明責任」問題とかを持ち出して。これは小沢陣営のみならず民主党にとってもよろしくない。

だから無理やり僅差を演出し、接戦を演じメディアジャックをして代表戦を盛り上げる。自民党で森元首相が派閥を抜けて騒ぎを演出してもあまり見向きをさせなくする。まあいわゆるスピンコントロール。そして小沢憎しの野党の僅かばかりの可能性にかけようと世論の醸成にかける。

私は政治の素人だ。
でももし仮に私が夢想しているようなことが行われているのだとしたら、メディアも含めていい加減にして欲しい。

政治家とかメディアは日本をどうしたいのよ。
それを聞かせてほしい。

No comments:

Post a Comment