2010-08-14

Google Contact



ちょっと前にPCがイカれてしまった。
まだ使えなくもないけれども、いつお陀仏になってもおかしくない。色々なデータを残しておくのは明らかに危険な状態だった。とはいえお金もない。そこでとりあえずネットブックを買うことにした。

それまで私はメインのPCにはそれなりのスペックは求めていた。少なくともフォトショップはサクサク動いてもらわなければいけないし、半ばサーバ的な役割も果たすのが自宅のPCだと思っていた。

しかしネットブックだと勿論そうはいかない。できるだけクライアントは軽く保っておかなければいけない。iTunesの曲もすべてネットワークハードディスクに溜め、本体には重いデータは一切残さないという具合に。

そこでついに決意した。これまでMSのOutlookに集中して管理していたコンタクト情報をGoogle Contactに移行しようと。

1,2年前にGoogle ContactとiPhoneのコンタクトが同期できると知ってから、コンタクトはGoogleに統一した方が便利かな、とは思っていた。でもGmailで欲しかったアカウント名(iamtaro)が取れなかったとかいう下らない理由で後送りにしていた。

しかしネットブックに移行した際、時代がクラウドコンピューティングに移行しようとしているのにネットブックにOutlookなどのメーラーをインストールするのもどうかと思いストレートに名前でGmailアカウントをとった。

そしてすべてのコンタクトをGoogle Contactに統合してみた。

統合自体は基本的なPCの知識があればそれほど難しくはない。ただ何となくサーバーに自分の大切な情報をすべて預けてしまうのは大丈夫なのだろうかという心もとなさはどこか残った。

移行した後、今のところ何の不自由はない。むしろiPhoneをSyncさせるiPhoneをSyncさせる特定のPCからでなくともどこからでもコンタクトを気軽に入力できるのが現在の私のライフスタイルには合っている。Google Contactを介したサービスを提供するアプリも少なくない。

確かにGoogleのサーバは世界中のハッカーから狙われているだろう。でも世界中の数億人(?)がGoogleアカウントを持っている今セキュリティーは彼らにとってのライフラインであろう。何重もの厳重な世界トップクラスのバックアップセキュリティーシステムを持っているに違いない。

かなりズボラで抜けている私が量販店で買ってきてつなげただけの安価のサーバがクラッシュする確率と、Googleのすべてのバックアップシステムが突破される確率。

謙虚に世界最高峰のIT企業の技術に身を任せ、私は今後データのバックアップをしなくて済む自由を楽しもう。

No comments:

Post a Comment