2009-11-07

dreaming



ここ何年か、私は夢を記憶しないと思っていた。
夢は見たような気はするのだが、記憶しておくことができない。
「朝目覚めた瞬間は覚えているはずだから、それを書きとどめておくといい」という人もいる。
しかし、朝には何も覚えていない。かすかな夢の残り香だけが漂っている。

それが今日わかった。
私は寝る直前のまどろみの中で夢を見ているのだと。

意識はまだ半分以上ある。合理的な思索をしている中でいきなり思考が夢的なものへと飛んでいくのだ。それが夢だということはわかっている。もしその瞬間に自分を叩き起こせばその内容を記録することもできるだろう。しかしもちろんそんなことはしない。

私は寝ぼけ眼で夢を覗き、そして夢の世界へと誘われる。

**********
For years, I thought I don't memorize the dreams I dream.
I know I dream some, but it doesn't stay in my memory.
some people say "try to write down your dream right after you wake up. you must memorize then"
but I do not remember anything at all in the morning. only a faint memory of dream is floating in my head.

but I finally found out the secret today. I was dreaming. but not in the middle of my sleep. I dream at the very beginning of my sleep between sleeping and waking.
I'm half awake. thinking something very reasonable but all of sudden the thought changed to something very unreasonable, and the dream begins. I know that it is a dream. If I force myself to wake up, I might be able to record it. but who on the earth force himself to do it?
I dream a dream half asleep and fall into the real world of dreams.

No comments:

Post a Comment