2009-11-18

roaming


when she started taking picures, she was so shy she couldn't take a single picture in the public eye.
today, we went to a restaurant to have our breakfast. the christmas decoration was nice and cozy.
she walked all around the restaurant and took as much pictures as she want.
people change.

****

写真を撮り始めたとき、彼女は恥ずかしがって知らない人の前で写真を撮ることなんてできなかった。
今朝、朝食をとりにあるレストランに入った。そこのクリスマスイルミネーションはなかなか可愛らしくてよかった。
気づけば彼女は店中を歩き回り、そして撮りたいだけバシャバシャシャッターを切っていた。
変われば変わるものだ。

2009-11-17

2009-11-16

2009-11-15

she was crying


忘れ物をとりに家に帰ると、彼女は目を腫らして泣いていた。
読んでいた小説に感情移入して。
それはあまり珍しい光景でもない。
******
one day, when I got back to home to pick up something I forgot,
she was crying on a sofa.
she was so into a novel.
this is not unusual scene for me.

2009-11-14

melbourne cup

sometimes in life, you need to learn how to lose. this is not a sour grapes

人生ときには負けることを覚えることも大切だ。決して負け惜しみなどではない。

2009-11-13

generation change

小さな少年が、その小さな体と頭を目一杯に使ってひとつのことを遂げた。

そして私たちはそれが世代交代の始まりだということに対して自覚的でなければならない。

おめでとう、孝太郎。


*******

a little boy made an accomplishment with his little body and little brain.

we have to be subjective that this is the beginning of the generation change.

congrats, kotaro.

2009-11-12

how did you know that?


how did you know that?

2009-11-11

"MEKIKI"



"目利き"

これからは"目利き"の時代。

情報が氾濫する時代。だから、「誰が」が大事。

"目利き"、これ英語に訳せるのかなぁ。



*******



in japanese, there's a word called "MEKIKI". I think it could be translated to "connoisseur".

the people who knows the real value and beauty and have strong inluence to the public.


the era of "MEKIKI" has arrived.

informations are floating arround. that's why it is getting more important "WHO" had announced them.


I hope you got the right nuance of "MEKIKI"



2009-11-10

hip hop japan





日本のヒップホップについての報告をまとめている。

自主プレなので、とにかく素早くまとめて機を逸せずに提出しなければいけない。

もともとヒップホップに詳しくもない私がそのようなレポートをあげるのにはそもそも無理があるが、それでも事実関係をちょっと調べて、知り合いのラッパーにチェックしてもらえればそれなりのものもできよう。

90年代初頭のバブルの崩壊と絡めた記述は我ながら説得力がある。

とにかく急いでまとめなければ----

・・・という変な夢をみた。

******************

I'm working on a report about hip hop scene in Japan.

It is a voluntary presentation, so I need to round out the report asap not to miss the opportunity.

I'm not really into hip hop so it is a little hard for me, but if I go through internet and check a couples of facts and let my friend rapper check the paper, it must be ok.

Actually the part mentioning about the relativeness of the resession after the buble economy burst is, if I say myself, standing up.
don't have much time left. I have to wrap up---
.....it was a weird dream..



2009-11-09

christmas card




どうしても日本の「年賀状」の感覚が抜け切らず、いつも12月の初頭にクリスマスカードを出すことが適わない。

今年こそは不義理をせぬよう、とりあえず準備を始める。
今年ももう終わりに近づいてきている。

************

In Japan, people do not have a habit to send christmas cards. instead, they send new year cards at the end of the year so that it will arrive on the new year day.

Being so used to that Japanese habit, we always fail to send christmas cards at the begining of December.
we have just started working on our christmas cards, trying not to be discourteous.

this year will be ending.


2009-11-08

quitting

before I started my half marathon with my injured knees, I kept saying the quote from the great Lance Armstrong.

"pain is temporary, quitting lasts forever"

after finishing the whole distance, I checked out Lance's quotes which were awesome.
here's some of them.

"pain is temporary. It may last a minute, or an hour, or a day, or a year, but eventually it will subside and something else will take its place. If I quit, however, it lasts forever. "

"the pain passes. but beauty remains"

"pain is inevitable. Suffering is optional"

"I'm sorry for you. I'm sorry you don't believe in miracles"

“Without the illness I would never have been forced to re-evaluate my life and my career. I know if I had not had cancer, I would not have won the Tour de France."

********************

両膝を痛めながらハーフマラソンのスタートを待つ間、ずっとランス・アームストロングの至言を頭の中で繰り返していた。
「苦しみはいずれ消える。諦めたことは、一生残る。」
完走した後、彼の名言集を調べてみた。下記はそのごく一部。

「苦しみはいずれ消える。一分間、一時間、一日、あるいは一年。でもいずれはどこかへ失せてしまって、なにか別のものが現れてくる。でも諦めてしまったら、その事実は一生ついてくる」

「苦痛はいずれは去る。でもそれによって得られた素晴らしいなにかは一生残る」

「肉体的苦痛を逃れることはできない。でも精神的苦痛を感じるか感じないかは自分次第だ」

「気の毒に思うよ。君が奇跡を信じられないことを本当に気の毒に思うよ」

「もし病気になっていなかったら、僕が自分自身の人生やキャリアのことを真剣に考え直すことはなかったと思うよ。もし癌になっていなかったら、ツールドフランスに勝つことなんてできやしなかったよ」

2009-11-07

dreaming



ここ何年か、私は夢を記憶しないと思っていた。
夢は見たような気はするのだが、記憶しておくことができない。
「朝目覚めた瞬間は覚えているはずだから、それを書きとどめておくといい」という人もいる。
しかし、朝には何も覚えていない。かすかな夢の残り香だけが漂っている。

それが今日わかった。
私は寝る直前のまどろみの中で夢を見ているのだと。

意識はまだ半分以上ある。合理的な思索をしている中でいきなり思考が夢的なものへと飛んでいくのだ。それが夢だということはわかっている。もしその瞬間に自分を叩き起こせばその内容を記録することもできるだろう。しかしもちろんそんなことはしない。

私は寝ぼけ眼で夢を覗き、そして夢の世界へと誘われる。

**********
For years, I thought I don't memorize the dreams I dream.
I know I dream some, but it doesn't stay in my memory.
some people say "try to write down your dream right after you wake up. you must memorize then"
but I do not remember anything at all in the morning. only a faint memory of dream is floating in my head.

but I finally found out the secret today. I was dreaming. but not in the middle of my sleep. I dream at the very beginning of my sleep between sleeping and waking.
I'm half awake. thinking something very reasonable but all of sudden the thought changed to something very unreasonable, and the dream begins. I know that it is a dream. If I force myself to wake up, I might be able to record it. but who on the earth force himself to do it?
I dream a dream half asleep and fall into the real world of dreams.

2009-11-06

20091106 okayama 許容


when I was young、I thought the whole world is moving around me. Ptolemaic system
The world surrounding me is the orthodoxy and the rest is just others.
however, as putting on years, I found that there are a lot of virtues where I'd never cared of.
Diversity is a virtue.
I've just welcome some guests from Okayama. It was a real fun experience.
+++++++++++
若い頃は、世界は自分を中心に回っていると思っていた。天動説。
自分を取り囲む環境こそが正統であり、その他は周辺でしかないと。
でも歳を経るにつけ、それまで知らなかった世界のすばらしさを少しずつ発見するようになってきた。
多様性は美徳である。
岡山からいらしたお客様を迎えた。とても楽しい経験だった。

2009-11-05

yes, she's always...


部活の先輩後輩とか、会社の同期入社とか、必要以上に親密なものに思って大切にしてしまうような関係があるけれども、考えてみればそんなものは偶然の産物以外のなにものでもない。
さらに言ってしまえば、親友だとか恋人だとか、無二だと思っているものも実は何の必然はないのかも知れない。
存外危うい偶然の上になりたっている濃密な関係。
そういうのもまた悪くはない。
******
teammates, co-workers -- sometimes people want to find special meanings to those kind of relations. but you can say those relations are nothing more than accidental encounters.
and I dare say that lovers and best friends kind of things could be just another accidental encounters.
a very close relationship based on a pure accident.
I like it.

2009-11-04

small society



small community is sometimes suffocating.
everybody sees you whatever you do.
"I saw you jogging this morning" "weren't you at the mall yesterday?"
"I saw your car parking at the theater, what movie did you see?"
no privacy.

but when it comes to community projects, I'd rather prefer this small size community.
people know each other and help each other naturally with genuine goodwill.
not bad.

******
小さな村社会というのは、まあ息が詰まる。
どこにいっても必ず誰かに見られている。

「今朝ジョギングしてたでしょう?」「昨日、ショッピングモールにいかなかった?」
「昨日映画館の駐車場でお前の車見かけたけど、何みたの?」
やれやれ。

でもボランティア活動となると、その狭い社会が却って心地よいこともある。
見知った顔同士が、自然とお互いを助け合いながらことを進める。純然たる善意で。
悪くないな。



2009-11-03

teammate


結婚って、ひとつのチームを築き上げていく作業なのだと思う。

******

I think marriage is an operation to build up a solid team.





to get married.

dancing



she loves dancing.
what she loves more is to laugh watching me dancing...

****

彼女は踊るのが好きだ。
そしてそれ以上に好きなのが、踊っている私をみて笑うことだ。

2009-11-02

run, run, run.



some people cannot imagine why people force themseves to run long distance.
if it is just for health there are a lot of more exercises with fun.

but I think people run because it is the easiest way to reflect on oneself.
set your goal, whether if it's distance, time or weight to lose, and just run all alone.
even if you run together with somebody, running is a lonesome behaviour essentially.
while you are running, you may think of a lot of things. you may not able to think a single thing.
and after all, you know if you can make your goal or not.
you can feel a sense of accomplishment,
you can feel a sense of failure,
you may just feel fatigued.
but you are not able to feel nothing.
reflect on youreself.

one more week to go for the half marathon.

********

ジョギングをする人の気が知れないという人がいる。
痩せたいだけなら、いくらでも楽しい方法はあると。

でも人々が走るのはきっと自分と向き合いたいからなのだろう。
それが距離であろうと、タイムであろうと、痩せたい体重であろうと、とにかく目標を設定する。
そしてただただ走る。黙々と走る。
たとえ誰かと一緒に走るとしても、走るというのは本質的には孤独な営為だ。
走っている間中色々なことを考えているかも知れない。
何も考えられなくなるかも知れない。
そして最後には目標に対する答えがでる。
達成感を感じるかも知れない。
挫折感を感じるかも知れない。
疲れしか感じないかも知れない。
でも何も感じないことは、決してありえない。
自分と向き合う。

さて、ハーフマラソンまであと一週間だ。

halloween/ michael jackson


顔やスキャンダルなどもはやどうでもいい。
僕にいえるのはただ、
音楽とパフォーマンスを心から愛していた一人のスーパースターが
この世からもういなくなってしまったということだけだ。
さよなら、MJ。

*******

don't care of the consequence of all the plastics, don't care of all the gosips and scandals anymore.
all I can say now is that the world has lost a superstar who really loved music and performance from the bottom of his heart.
good-bye MJ. sleep tight.