2009-10-30

after-the-fact



旅行から帰ってからの時間も、意外とすきなのよね、彼女は言った。
地図で尋ねた土地を確認しながら、たまたま入った店の評判をネットで探し当てながら、
そしてたくさんたまった写真を現像しながら、彼女は二度旅する。
*********************
I enjoy trip even when I'm back at home, she said.
chekcing the place she'd visited on a map, looking for reputation of the shops she wandered into on internet, developing tons of pictures she had taken during the visit, she travels once again.

2009-10-29

Pole pole


スワヒリ語のポレポレっていいよね。

******

I like the Kiswahili word "Pole Pole" don't you like it?

2009-10-28

seize what you can.


吾唯足知。
吾レ唯ダ足ルコトヲ知ル。

***

誰かと何かをなそうとしたとき、一番ゲンナリするのは「できない理由」ばかりを羅列する人々だ。

仕事であろうが、プライベートであろうが、何かをなしたいのにはそれなりの理由やビジョンがある。もちろん様々な検証をした上でできないこともあるかも知れない。
でも端から実現の方法よりも、言い訳のバリエーションにより興味を抱いているとしか思えない人が思いの他多い。

「・・・だから、ちょっと厳しいかと思います」
「・・・だったらできたんですけれども、残念ながら」

ひょっとしたら同じビジョンを共有できていないだけなのかも知れない。私が荒唐無稽なことを口にしているのかも知れない。
それでも言い訳のデパートのような人に巡り合うと深いため息がこぼれてしまう。

******

ハッピーに生きたい。
色々な事情や制約はある。
でもハッピーに生きたい。
そしてその結果に対していいわけをしたくない。

*****************************************

What piss me off most when I am trying to make something happen is those people who cares only for excuses.

whether if it is job or private, there're some reasons and visions when people want to start anything.
some of them could be impossible to accomplish, indeed.
but I feel not little people care more to think of excuses than to think of how to make it happen.

"it looks like this is a little difficult because---"
"unfortunately xx seems to be xx. if only ---"

maybe this happens just because I failed to share the vision. I maybe saying something ridiculous.
but still I cannot help sighing when I meet a person who is like a department store of excuses.

***
I want to live happy.
of course there are a lot of uncontrolable conditions surrounding me.
but I need to live happy.
I'm going to make it happen without no excuse.

2009-10-27

sightseeing/travel あるいは 旅行/旅


a renown scriptwriter said that if nothing had changed inside the hero/heroine after the whole story, that script was a piece of junk.

I don't care much for sightseeing. but the idea of traveling always excite me.

the goal of sightseeing is the place you are going to visit. but there is no particular goal of traveling for me. if I need to name, it is the trip itself.

one week of a beautiful trip. has it changed me? let's wait for the answer from the wind.

****************

ある有名な脚本家はいった。物語の始めと終わりで主人公に何らかの成長や変化が見られなかったらそれは駄目な脚本だと。

旅行にいくということに何の興味も湧かない。しかし、旅という概念はいつも私を高揚させる。

旅行というと、なんだかその土地を訪ねることが目的化しているような気がする。でも旅に目的地などない。あえていうなら、その道程自体が目的なのだ。

一週間という短い時間ながらいい旅をした。何か変わったのだろうか。風の答えを気長に待とう。

2009-10-26

some thoughts concerning shopping



shopping bring wives back to life while husbands shorten their lives.
this is truth no matter how much the husband loves his wife.

************

買い物は妻を生き返らせ、夫の寿命を縮める。
それは真理である。たとえ夫の妻に対する愛情がどれだけ深かろうと。




a renown scriptwriter said

2009-10-25

panorama


even though the road was unpaived, the way back from Hana was awsome. she wanted to record what she had seen.
"this lens is not wide enough to put everything in" she sighed watching the wide view of Haleakala.
but I knew that she knew no matter how wide-angle the lens is, there is no way to record the impressiveness.
the only way to record is to stamp it on her mind.
************
Hanaからの帰路は、舗装のなされていない悪路を補って余るほど美しく、素晴らしかった。
「このレンズじゃこの景色は全然収まらないのよねぇ」。 ハレアカラほ広大な景色を横目に彼女は嘆息する。
でも本当は彼女にもわかっている。どれだけ広角のレンズがあろうとも、この感動を収めることはできないということを。この感動を収める唯一の方法はそれを心に刻む、ということを。

2009-10-24

a place to live


whenever I visit a new town during my vacation, I always ask to myself if I could live there.
and the trip will be most delightful when the anserw is YES.
I found a cozy town in Maui. it's not an exciting town, it's not a super beautiful town, it's not a holly town. it's just, it's just as it should be.
I have a strong feeling that I will come back. maybe as a resident. see you then, Pa'ia.
**********
旅先で新しい街を訪ねると、いつも「私はここに住めるだろうか」と自問してみる。
そして答えが、住んでみたい、というとき、旅はにわかに輝きを増す。
マウイでこじんまりしたいい町をみつけた。刺激にあふれているわけでもなければ、息をのむほど美しいわけでもない。スピリチャルな雰囲気をまとっているわけでもない。それでも、ただ、ただ、然るべき姿でたたずんでいるのだ。
きっといつかまたこの町に戻ってくる気がする。あるいは住民としてかも知れない。また、その時まで。

2009-10-23

on the top of house of the sun


カメラを持つと人が変わる人がいる。いい画を撮ろうと夢中になり、周囲が目に入らなくなる。たとえば高所恐怖症の人が、ヘリから身を乗り出して撮影をするといったように。

かなりの寒がりの彼女が、標高3000メートルのハレアカラの山頂付近で朝日を捉えようとカメラを構える。アラスカ出身の男も寒さに震える中、寒いよぉ、といいながらも、文句ひとつ言わずその瞬間を待つ。

写真を撮り始めてから一年半。フォトグラファーの風格のでてきた彼女がまぶしい。

***************

some people become different persons when they hold cameras in thier hands. too eager to take good pictures, they would be blind to surroundings.
some people lean out of a chopper to shoot, even though they are acrophobia.
the summit of Haleakala is over 10,000 feet and a big guy from Alaska was shivering. even though she was so cold-natured, she didn't make a single complaint and waiting for the very moment of the sunrise. just saying, "I'm freezing" to herself once in a while.
one and a half year has passed since she started taking pictures seriously. so proud of seeing a professional photographer in her.

2009-10-22

aloha spirit


most of the people look happy when they are having good trip.
one good thing about traveling is to see and mingle with them.
good vibes bring happiness.
aloha.

****************
楽しい旅路にある人は幸せそうな顔をしている。
旅のいいところのひとつは、そうした幸せそうな人を見ることができ、そしてふれ合うことができることだ。
いいバイブスは人を幸せにする。
アロハ。

2009-10-21

throw away



数多くのものから、何かひとつだけ選ぶという作業は大変だ。特に気に入っているものの中からひとつ選ぶのは本当に難しい。一つのものを選ぶというのは、他のものを捨てるということに他ならないのだから。

しかし私は存外この作業が好きだ。
多くのお気に入りの中から少しずつ絞り込んでいく。最初どれも捨てられないと思う。少しずつ捨てていく。しかし、次第に捨て方が大胆になっていく。迷ったら捨てる。捨てる。捨てる。捨てる。
すると少しずつ結論が輪郭を現してくる。

そして残ったものを眺めていると、自分にとって何が大事なのかが見えてくる。本当に大切にしているものがわかってくる。多くのものから絞り込めば絞り込むほど、より自分の核心が見えてくる。

今日、ドライブにいった。
一日かけて多くのものを見て感じ、そして多くの写真を撮った。

一枚の写真がここにある。
*********************

it is a hard work to choose only one thing out of many. especially when you need to select out of your favorites, it is really tough. because to choose one is nothing more than to throw all the others away.

but I'd rather prefer this work.
narrowing down from all the favorites, you'd think you can't let anything go. trying little by little. and then you will be bold. throw everything dynamically. thorw, throw, throw. throw everything away. then the answer shows up little by little.

looking at the ones left, you will find what is really inportant for you. what you really adore. the larger choices are the clearer your core value shows up.
I went to a drive today.
saw and felt a lot of things. also took a lot of pictures.

here's a piece of a photograph.

2009-10-20

poseidon




「コーヒー飲みますか」
マグカップをふたつ手に男は近づいてきた。
「海はいいですね」
ビールグラスを置き、きらめく冬の由比ガ浜をみつめながら私はコーヒーを受け取った。
「海は-」
男は遠い目をして水平線の彼方を見つめている。コーヒーから立ち上がる湯気を頬に感じながら男の言葉を待った。

「海は、陸から眺めているのが一番です」

かつて海から陸にあがり、今は海辺の喫茶店の番をしている男は静かに言った。

*********

"care for coffee?"
he came with two mugs in his hands.
"the ocean is beautiful"
putting a beer glass on the table, I received a mug still keeping my eyes on the sea.
"It is -"
the man was looking somewhere far over the sea. I was waiting for his words feeling the steam from the coffee on my cheek.

"It is the best to see the ocean from a land"

the man used to board a ship said calmly. now he's on land watching a cafe by sea.




2009-10-19

what brings happiness



my wife looks most happy when I'm delighted by what she has done.
My wife presented me a ukulele, Sonny D concert, a very good one.

I was so happy, not only because of the uke itself, but because of her happy smile on her face.

************
妻は自分のしたことで私が歓ぶのをみるとき、何よりも幸せそうな表情をする。
妻がウクレレをプレゼントしてくれた。
Sonny Dのコンサート、かなりいいものだ。
もちろんウクレレそのものもうれしかったが、歓ぶ私をみる彼女の表情が私をなによりも幸せな気持ちにしてくれた。

2009-10-18

ubiquitous


october 18th, I'm taking pictures of runners at a park in Guam-
october 18th, I'm enjoying local pale ale with two-feet-tall beer gass at a bar in Honolulu-

I'm here, I'm there, I'm everywhere - standing beside her.

*********

10月18日、グアムの公園でランナーたちの写真を撮っている-
10月18日、ホノルルのバーで高さ60センチのビアーグラスでハワイ産ペールエールを飲む-

僕はここにいる、僕はそこにいる、僕はどこにでもいる - 彼女の横に

2009-10-17

with a camera in her hand.




妻は、のんびりしている。

優雅だ、といってもいい。
そして時に優雅にすぎる。

しかしのんびりと歩く彼女が、私の前を大股で闊歩するときがある。

なにか面白い被写体を見つけたとき、
彼女の手にカメラが握りしめられているとき,
彼女は足の短い私を置き去りにする。


**********
some peole think my wife is a little downbeat.
or some people might say she is elegant.
a little too elegant--

but sometime she quicken her walk all of sudden
when she find something interesting to shoot
with a camera in her hands,
her long slides will accelerate.
all i can do is to take her picture from her back.

2009-10-16

challenge.



i used to handle an experimental website.

among twenty some pages, one of them was a picture diary.
i tried to upload one picture every day.

i hang a camera from my neck and took pictures whenever i was moved.

even though i didn't set a particular theme for the site,
i failed to upload a picture once in a while.

spending time idly, i couldn't catch the move of my own mind.
and couldn't pop the shutter.
it is a challenge to upload a picture daily.

i am going to take my wife's picture every single day.

*********

以前実験的なサイトを運営していた。

20数項目あるそのサイトのページのひとつは写真日記だった。
毎日一枚ずつ写真をアップする。

首からカメラをぶら下げ、心が動いたときにいつでもシャッターを切れる
ようにしていた。

それにもかかわらず、写真をアップできない日があった。
無為に一日を過ごしているうちに、心の震えに気づかないことがあったのだ。
毎日写真をアップすることは本当に難しい。


これから毎日、妻の写真を一枚ずつあげていく。

2009-10-14

my wife's camera
















妻がカメラを買った。


一眼レフを使い始めて1年半近くが経ち、
入門機を卒業し上位機種を手に入れた。

ここに一台のカメラがある。


一年半近く毎日使い込まれ、妻に写真の楽しさを教えたカメラ。
妻が構え続けたカメラ。
妻のカメラ。

今妻の手には一回り大きいカメラが収まっている。


私の手元にある今では小さくさえ見えるこのカメラ、
妻のものだったカメラ。
いや、それは今でも妻のカメラだ。


ただ役割を妻が撮るためのものから、
妻を撮るために生まれ変わっただけ。

今日から妻のカメラの新しい役割が始まる。


**************************


my wife bought a camera.
it's been almost a year and a half since she start using SLR and
it is about time to step up from an entry-level model to a high-end.

here's a camera.
it has been used for a year and a half.
it is the one taught my wife the fun of photography.
she kept holding the camera every single day.
my wife's camera.


now she has a brandnew bigger SLR in her hands.
the camera I'm holding in my hand looks small now.
it was my wife's camera.

no! it is still my wife's camera.

it just changed its role.
it was a camera for my wife to take pictures.
and now it is a camera to take my wife's pictures.

the new role of the camera has just begun.