2009-12-07

2009-11-18

roaming


when she started taking picures, she was so shy she couldn't take a single picture in the public eye.
today, we went to a restaurant to have our breakfast. the christmas decoration was nice and cozy.
she walked all around the restaurant and took as much pictures as she want.
people change.

****

写真を撮り始めたとき、彼女は恥ずかしがって知らない人の前で写真を撮ることなんてできなかった。
今朝、朝食をとりにあるレストランに入った。そこのクリスマスイルミネーションはなかなか可愛らしくてよかった。
気づけば彼女は店中を歩き回り、そして撮りたいだけバシャバシャシャッターを切っていた。
変われば変わるものだ。

2009-11-17

2009-11-16

2009-11-15

she was crying


忘れ物をとりに家に帰ると、彼女は目を腫らして泣いていた。
読んでいた小説に感情移入して。
それはあまり珍しい光景でもない。
******
one day, when I got back to home to pick up something I forgot,
she was crying on a sofa.
she was so into a novel.
this is not unusual scene for me.

2009-11-14

melbourne cup

sometimes in life, you need to learn how to lose. this is not a sour grapes

人生ときには負けることを覚えることも大切だ。決して負け惜しみなどではない。

2009-11-13

generation change

小さな少年が、その小さな体と頭を目一杯に使ってひとつのことを遂げた。

そして私たちはそれが世代交代の始まりだということに対して自覚的でなければならない。

おめでとう、孝太郎。


*******

a little boy made an accomplishment with his little body and little brain.

we have to be subjective that this is the beginning of the generation change.

congrats, kotaro.

2009-11-12

how did you know that?


how did you know that?

2009-11-11

"MEKIKI"



"目利き"

これからは"目利き"の時代。

情報が氾濫する時代。だから、「誰が」が大事。

"目利き"、これ英語に訳せるのかなぁ。



*******



in japanese, there's a word called "MEKIKI". I think it could be translated to "connoisseur".

the people who knows the real value and beauty and have strong inluence to the public.


the era of "MEKIKI" has arrived.

informations are floating arround. that's why it is getting more important "WHO" had announced them.


I hope you got the right nuance of "MEKIKI"



2009-11-10

hip hop japan





日本のヒップホップについての報告をまとめている。

自主プレなので、とにかく素早くまとめて機を逸せずに提出しなければいけない。

もともとヒップホップに詳しくもない私がそのようなレポートをあげるのにはそもそも無理があるが、それでも事実関係をちょっと調べて、知り合いのラッパーにチェックしてもらえればそれなりのものもできよう。

90年代初頭のバブルの崩壊と絡めた記述は我ながら説得力がある。

とにかく急いでまとめなければ----

・・・という変な夢をみた。

******************

I'm working on a report about hip hop scene in Japan.

It is a voluntary presentation, so I need to round out the report asap not to miss the opportunity.

I'm not really into hip hop so it is a little hard for me, but if I go through internet and check a couples of facts and let my friend rapper check the paper, it must be ok.

Actually the part mentioning about the relativeness of the resession after the buble economy burst is, if I say myself, standing up.
don't have much time left. I have to wrap up---
.....it was a weird dream..



2009-11-09

christmas card




どうしても日本の「年賀状」の感覚が抜け切らず、いつも12月の初頭にクリスマスカードを出すことが適わない。

今年こそは不義理をせぬよう、とりあえず準備を始める。
今年ももう終わりに近づいてきている。

************

In Japan, people do not have a habit to send christmas cards. instead, they send new year cards at the end of the year so that it will arrive on the new year day.

Being so used to that Japanese habit, we always fail to send christmas cards at the begining of December.
we have just started working on our christmas cards, trying not to be discourteous.

this year will be ending.


2009-11-08

quitting

before I started my half marathon with my injured knees, I kept saying the quote from the great Lance Armstrong.

"pain is temporary, quitting lasts forever"

after finishing the whole distance, I checked out Lance's quotes which were awesome.
here's some of them.

"pain is temporary. It may last a minute, or an hour, or a day, or a year, but eventually it will subside and something else will take its place. If I quit, however, it lasts forever. "

"the pain passes. but beauty remains"

"pain is inevitable. Suffering is optional"

"I'm sorry for you. I'm sorry you don't believe in miracles"

“Without the illness I would never have been forced to re-evaluate my life and my career. I know if I had not had cancer, I would not have won the Tour de France."

********************

両膝を痛めながらハーフマラソンのスタートを待つ間、ずっとランス・アームストロングの至言を頭の中で繰り返していた。
「苦しみはいずれ消える。諦めたことは、一生残る。」
完走した後、彼の名言集を調べてみた。下記はそのごく一部。

「苦しみはいずれ消える。一分間、一時間、一日、あるいは一年。でもいずれはどこかへ失せてしまって、なにか別のものが現れてくる。でも諦めてしまったら、その事実は一生ついてくる」

「苦痛はいずれは去る。でもそれによって得られた素晴らしいなにかは一生残る」

「肉体的苦痛を逃れることはできない。でも精神的苦痛を感じるか感じないかは自分次第だ」

「気の毒に思うよ。君が奇跡を信じられないことを本当に気の毒に思うよ」

「もし病気になっていなかったら、僕が自分自身の人生やキャリアのことを真剣に考え直すことはなかったと思うよ。もし癌になっていなかったら、ツールドフランスに勝つことなんてできやしなかったよ」

2009-11-07

dreaming



ここ何年か、私は夢を記憶しないと思っていた。
夢は見たような気はするのだが、記憶しておくことができない。
「朝目覚めた瞬間は覚えているはずだから、それを書きとどめておくといい」という人もいる。
しかし、朝には何も覚えていない。かすかな夢の残り香だけが漂っている。

それが今日わかった。
私は寝る直前のまどろみの中で夢を見ているのだと。

意識はまだ半分以上ある。合理的な思索をしている中でいきなり思考が夢的なものへと飛んでいくのだ。それが夢だということはわかっている。もしその瞬間に自分を叩き起こせばその内容を記録することもできるだろう。しかしもちろんそんなことはしない。

私は寝ぼけ眼で夢を覗き、そして夢の世界へと誘われる。

**********
For years, I thought I don't memorize the dreams I dream.
I know I dream some, but it doesn't stay in my memory.
some people say "try to write down your dream right after you wake up. you must memorize then"
but I do not remember anything at all in the morning. only a faint memory of dream is floating in my head.

but I finally found out the secret today. I was dreaming. but not in the middle of my sleep. I dream at the very beginning of my sleep between sleeping and waking.
I'm half awake. thinking something very reasonable but all of sudden the thought changed to something very unreasonable, and the dream begins. I know that it is a dream. If I force myself to wake up, I might be able to record it. but who on the earth force himself to do it?
I dream a dream half asleep and fall into the real world of dreams.

2009-11-06

20091106 okayama 許容


when I was young、I thought the whole world is moving around me. Ptolemaic system
The world surrounding me is the orthodoxy and the rest is just others.
however, as putting on years, I found that there are a lot of virtues where I'd never cared of.
Diversity is a virtue.
I've just welcome some guests from Okayama. It was a real fun experience.
+++++++++++
若い頃は、世界は自分を中心に回っていると思っていた。天動説。
自分を取り囲む環境こそが正統であり、その他は周辺でしかないと。
でも歳を経るにつけ、それまで知らなかった世界のすばらしさを少しずつ発見するようになってきた。
多様性は美徳である。
岡山からいらしたお客様を迎えた。とても楽しい経験だった。

2009-11-05

yes, she's always...


部活の先輩後輩とか、会社の同期入社とか、必要以上に親密なものに思って大切にしてしまうような関係があるけれども、考えてみればそんなものは偶然の産物以外のなにものでもない。
さらに言ってしまえば、親友だとか恋人だとか、無二だと思っているものも実は何の必然はないのかも知れない。
存外危うい偶然の上になりたっている濃密な関係。
そういうのもまた悪くはない。
******
teammates, co-workers -- sometimes people want to find special meanings to those kind of relations. but you can say those relations are nothing more than accidental encounters.
and I dare say that lovers and best friends kind of things could be just another accidental encounters.
a very close relationship based on a pure accident.
I like it.

2009-11-04

small society



small community is sometimes suffocating.
everybody sees you whatever you do.
"I saw you jogging this morning" "weren't you at the mall yesterday?"
"I saw your car parking at the theater, what movie did you see?"
no privacy.

but when it comes to community projects, I'd rather prefer this small size community.
people know each other and help each other naturally with genuine goodwill.
not bad.

******
小さな村社会というのは、まあ息が詰まる。
どこにいっても必ず誰かに見られている。

「今朝ジョギングしてたでしょう?」「昨日、ショッピングモールにいかなかった?」
「昨日映画館の駐車場でお前の車見かけたけど、何みたの?」
やれやれ。

でもボランティア活動となると、その狭い社会が却って心地よいこともある。
見知った顔同士が、自然とお互いを助け合いながらことを進める。純然たる善意で。
悪くないな。



2009-11-03

teammate


結婚って、ひとつのチームを築き上げていく作業なのだと思う。

******

I think marriage is an operation to build up a solid team.





to get married.

dancing



she loves dancing.
what she loves more is to laugh watching me dancing...

****

彼女は踊るのが好きだ。
そしてそれ以上に好きなのが、踊っている私をみて笑うことだ。

2009-11-02

run, run, run.



some people cannot imagine why people force themseves to run long distance.
if it is just for health there are a lot of more exercises with fun.

but I think people run because it is the easiest way to reflect on oneself.
set your goal, whether if it's distance, time or weight to lose, and just run all alone.
even if you run together with somebody, running is a lonesome behaviour essentially.
while you are running, you may think of a lot of things. you may not able to think a single thing.
and after all, you know if you can make your goal or not.
you can feel a sense of accomplishment,
you can feel a sense of failure,
you may just feel fatigued.
but you are not able to feel nothing.
reflect on youreself.

one more week to go for the half marathon.

********

ジョギングをする人の気が知れないという人がいる。
痩せたいだけなら、いくらでも楽しい方法はあると。

でも人々が走るのはきっと自分と向き合いたいからなのだろう。
それが距離であろうと、タイムであろうと、痩せたい体重であろうと、とにかく目標を設定する。
そしてただただ走る。黙々と走る。
たとえ誰かと一緒に走るとしても、走るというのは本質的には孤独な営為だ。
走っている間中色々なことを考えているかも知れない。
何も考えられなくなるかも知れない。
そして最後には目標に対する答えがでる。
達成感を感じるかも知れない。
挫折感を感じるかも知れない。
疲れしか感じないかも知れない。
でも何も感じないことは、決してありえない。
自分と向き合う。

さて、ハーフマラソンまであと一週間だ。

halloween/ michael jackson


顔やスキャンダルなどもはやどうでもいい。
僕にいえるのはただ、
音楽とパフォーマンスを心から愛していた一人のスーパースターが
この世からもういなくなってしまったということだけだ。
さよなら、MJ。

*******

don't care of the consequence of all the plastics, don't care of all the gosips and scandals anymore.
all I can say now is that the world has lost a superstar who really loved music and performance from the bottom of his heart.
good-bye MJ. sleep tight.





2009-10-30

after-the-fact



旅行から帰ってからの時間も、意外とすきなのよね、彼女は言った。
地図で尋ねた土地を確認しながら、たまたま入った店の評判をネットで探し当てながら、
そしてたくさんたまった写真を現像しながら、彼女は二度旅する。
*********************
I enjoy trip even when I'm back at home, she said.
chekcing the place she'd visited on a map, looking for reputation of the shops she wandered into on internet, developing tons of pictures she had taken during the visit, she travels once again.

2009-10-29

Pole pole


スワヒリ語のポレポレっていいよね。

******

I like the Kiswahili word "Pole Pole" don't you like it?

2009-10-28

seize what you can.


吾唯足知。
吾レ唯ダ足ルコトヲ知ル。

***

誰かと何かをなそうとしたとき、一番ゲンナリするのは「できない理由」ばかりを羅列する人々だ。

仕事であろうが、プライベートであろうが、何かをなしたいのにはそれなりの理由やビジョンがある。もちろん様々な検証をした上でできないこともあるかも知れない。
でも端から実現の方法よりも、言い訳のバリエーションにより興味を抱いているとしか思えない人が思いの他多い。

「・・・だから、ちょっと厳しいかと思います」
「・・・だったらできたんですけれども、残念ながら」

ひょっとしたら同じビジョンを共有できていないだけなのかも知れない。私が荒唐無稽なことを口にしているのかも知れない。
それでも言い訳のデパートのような人に巡り合うと深いため息がこぼれてしまう。

******

ハッピーに生きたい。
色々な事情や制約はある。
でもハッピーに生きたい。
そしてその結果に対していいわけをしたくない。

*****************************************

What piss me off most when I am trying to make something happen is those people who cares only for excuses.

whether if it is job or private, there're some reasons and visions when people want to start anything.
some of them could be impossible to accomplish, indeed.
but I feel not little people care more to think of excuses than to think of how to make it happen.

"it looks like this is a little difficult because---"
"unfortunately xx seems to be xx. if only ---"

maybe this happens just because I failed to share the vision. I maybe saying something ridiculous.
but still I cannot help sighing when I meet a person who is like a department store of excuses.

***
I want to live happy.
of course there are a lot of uncontrolable conditions surrounding me.
but I need to live happy.
I'm going to make it happen without no excuse.

2009-10-27

sightseeing/travel あるいは 旅行/旅


a renown scriptwriter said that if nothing had changed inside the hero/heroine after the whole story, that script was a piece of junk.

I don't care much for sightseeing. but the idea of traveling always excite me.

the goal of sightseeing is the place you are going to visit. but there is no particular goal of traveling for me. if I need to name, it is the trip itself.

one week of a beautiful trip. has it changed me? let's wait for the answer from the wind.

****************

ある有名な脚本家はいった。物語の始めと終わりで主人公に何らかの成長や変化が見られなかったらそれは駄目な脚本だと。

旅行にいくということに何の興味も湧かない。しかし、旅という概念はいつも私を高揚させる。

旅行というと、なんだかその土地を訪ねることが目的化しているような気がする。でも旅に目的地などない。あえていうなら、その道程自体が目的なのだ。

一週間という短い時間ながらいい旅をした。何か変わったのだろうか。風の答えを気長に待とう。

2009-10-26

some thoughts concerning shopping



shopping bring wives back to life while husbands shorten their lives.
this is truth no matter how much the husband loves his wife.

************

買い物は妻を生き返らせ、夫の寿命を縮める。
それは真理である。たとえ夫の妻に対する愛情がどれだけ深かろうと。




a renown scriptwriter said

2009-10-25

panorama


even though the road was unpaived, the way back from Hana was awsome. she wanted to record what she had seen.
"this lens is not wide enough to put everything in" she sighed watching the wide view of Haleakala.
but I knew that she knew no matter how wide-angle the lens is, there is no way to record the impressiveness.
the only way to record is to stamp it on her mind.
************
Hanaからの帰路は、舗装のなされていない悪路を補って余るほど美しく、素晴らしかった。
「このレンズじゃこの景色は全然収まらないのよねぇ」。 ハレアカラほ広大な景色を横目に彼女は嘆息する。
でも本当は彼女にもわかっている。どれだけ広角のレンズがあろうとも、この感動を収めることはできないということを。この感動を収める唯一の方法はそれを心に刻む、ということを。

2009-10-24

a place to live


whenever I visit a new town during my vacation, I always ask to myself if I could live there.
and the trip will be most delightful when the anserw is YES.
I found a cozy town in Maui. it's not an exciting town, it's not a super beautiful town, it's not a holly town. it's just, it's just as it should be.
I have a strong feeling that I will come back. maybe as a resident. see you then, Pa'ia.
**********
旅先で新しい街を訪ねると、いつも「私はここに住めるだろうか」と自問してみる。
そして答えが、住んでみたい、というとき、旅はにわかに輝きを増す。
マウイでこじんまりしたいい町をみつけた。刺激にあふれているわけでもなければ、息をのむほど美しいわけでもない。スピリチャルな雰囲気をまとっているわけでもない。それでも、ただ、ただ、然るべき姿でたたずんでいるのだ。
きっといつかまたこの町に戻ってくる気がする。あるいは住民としてかも知れない。また、その時まで。

2009-10-23

on the top of house of the sun


カメラを持つと人が変わる人がいる。いい画を撮ろうと夢中になり、周囲が目に入らなくなる。たとえば高所恐怖症の人が、ヘリから身を乗り出して撮影をするといったように。

かなりの寒がりの彼女が、標高3000メートルのハレアカラの山頂付近で朝日を捉えようとカメラを構える。アラスカ出身の男も寒さに震える中、寒いよぉ、といいながらも、文句ひとつ言わずその瞬間を待つ。

写真を撮り始めてから一年半。フォトグラファーの風格のでてきた彼女がまぶしい。

***************

some people become different persons when they hold cameras in thier hands. too eager to take good pictures, they would be blind to surroundings.
some people lean out of a chopper to shoot, even though they are acrophobia.
the summit of Haleakala is over 10,000 feet and a big guy from Alaska was shivering. even though she was so cold-natured, she didn't make a single complaint and waiting for the very moment of the sunrise. just saying, "I'm freezing" to herself once in a while.
one and a half year has passed since she started taking pictures seriously. so proud of seeing a professional photographer in her.

2009-10-22

aloha spirit


most of the people look happy when they are having good trip.
one good thing about traveling is to see and mingle with them.
good vibes bring happiness.
aloha.

****************
楽しい旅路にある人は幸せそうな顔をしている。
旅のいいところのひとつは、そうした幸せそうな人を見ることができ、そしてふれ合うことができることだ。
いいバイブスは人を幸せにする。
アロハ。

2009-10-21

throw away



数多くのものから、何かひとつだけ選ぶという作業は大変だ。特に気に入っているものの中からひとつ選ぶのは本当に難しい。一つのものを選ぶというのは、他のものを捨てるということに他ならないのだから。

しかし私は存外この作業が好きだ。
多くのお気に入りの中から少しずつ絞り込んでいく。最初どれも捨てられないと思う。少しずつ捨てていく。しかし、次第に捨て方が大胆になっていく。迷ったら捨てる。捨てる。捨てる。捨てる。
すると少しずつ結論が輪郭を現してくる。

そして残ったものを眺めていると、自分にとって何が大事なのかが見えてくる。本当に大切にしているものがわかってくる。多くのものから絞り込めば絞り込むほど、より自分の核心が見えてくる。

今日、ドライブにいった。
一日かけて多くのものを見て感じ、そして多くの写真を撮った。

一枚の写真がここにある。
*********************

it is a hard work to choose only one thing out of many. especially when you need to select out of your favorites, it is really tough. because to choose one is nothing more than to throw all the others away.

but I'd rather prefer this work.
narrowing down from all the favorites, you'd think you can't let anything go. trying little by little. and then you will be bold. throw everything dynamically. thorw, throw, throw. throw everything away. then the answer shows up little by little.

looking at the ones left, you will find what is really inportant for you. what you really adore. the larger choices are the clearer your core value shows up.
I went to a drive today.
saw and felt a lot of things. also took a lot of pictures.

here's a piece of a photograph.

2009-10-20

poseidon




「コーヒー飲みますか」
マグカップをふたつ手に男は近づいてきた。
「海はいいですね」
ビールグラスを置き、きらめく冬の由比ガ浜をみつめながら私はコーヒーを受け取った。
「海は-」
男は遠い目をして水平線の彼方を見つめている。コーヒーから立ち上がる湯気を頬に感じながら男の言葉を待った。

「海は、陸から眺めているのが一番です」

かつて海から陸にあがり、今は海辺の喫茶店の番をしている男は静かに言った。

*********

"care for coffee?"
he came with two mugs in his hands.
"the ocean is beautiful"
putting a beer glass on the table, I received a mug still keeping my eyes on the sea.
"It is -"
the man was looking somewhere far over the sea. I was waiting for his words feeling the steam from the coffee on my cheek.

"It is the best to see the ocean from a land"

the man used to board a ship said calmly. now he's on land watching a cafe by sea.




2009-10-19

what brings happiness



my wife looks most happy when I'm delighted by what she has done.
My wife presented me a ukulele, Sonny D concert, a very good one.

I was so happy, not only because of the uke itself, but because of her happy smile on her face.

************
妻は自分のしたことで私が歓ぶのをみるとき、何よりも幸せそうな表情をする。
妻がウクレレをプレゼントしてくれた。
Sonny Dのコンサート、かなりいいものだ。
もちろんウクレレそのものもうれしかったが、歓ぶ私をみる彼女の表情が私をなによりも幸せな気持ちにしてくれた。

2009-10-18

ubiquitous


october 18th, I'm taking pictures of runners at a park in Guam-
october 18th, I'm enjoying local pale ale with two-feet-tall beer gass at a bar in Honolulu-

I'm here, I'm there, I'm everywhere - standing beside her.

*********

10月18日、グアムの公園でランナーたちの写真を撮っている-
10月18日、ホノルルのバーで高さ60センチのビアーグラスでハワイ産ペールエールを飲む-

僕はここにいる、僕はそこにいる、僕はどこにでもいる - 彼女の横に

2009-10-17

with a camera in her hand.




妻は、のんびりしている。

優雅だ、といってもいい。
そして時に優雅にすぎる。

しかしのんびりと歩く彼女が、私の前を大股で闊歩するときがある。

なにか面白い被写体を見つけたとき、
彼女の手にカメラが握りしめられているとき,
彼女は足の短い私を置き去りにする。


**********
some peole think my wife is a little downbeat.
or some people might say she is elegant.
a little too elegant--

but sometime she quicken her walk all of sudden
when she find something interesting to shoot
with a camera in her hands,
her long slides will accelerate.
all i can do is to take her picture from her back.

2009-10-16

challenge.



i used to handle an experimental website.

among twenty some pages, one of them was a picture diary.
i tried to upload one picture every day.

i hang a camera from my neck and took pictures whenever i was moved.

even though i didn't set a particular theme for the site,
i failed to upload a picture once in a while.

spending time idly, i couldn't catch the move of my own mind.
and couldn't pop the shutter.
it is a challenge to upload a picture daily.

i am going to take my wife's picture every single day.

*********

以前実験的なサイトを運営していた。

20数項目あるそのサイトのページのひとつは写真日記だった。
毎日一枚ずつ写真をアップする。

首からカメラをぶら下げ、心が動いたときにいつでもシャッターを切れる
ようにしていた。

それにもかかわらず、写真をアップできない日があった。
無為に一日を過ごしているうちに、心の震えに気づかないことがあったのだ。
毎日写真をアップすることは本当に難しい。


これから毎日、妻の写真を一枚ずつあげていく。

2009-10-14

my wife's camera
















妻がカメラを買った。


一眼レフを使い始めて1年半近くが経ち、
入門機を卒業し上位機種を手に入れた。

ここに一台のカメラがある。


一年半近く毎日使い込まれ、妻に写真の楽しさを教えたカメラ。
妻が構え続けたカメラ。
妻のカメラ。

今妻の手には一回り大きいカメラが収まっている。


私の手元にある今では小さくさえ見えるこのカメラ、
妻のものだったカメラ。
いや、それは今でも妻のカメラだ。


ただ役割を妻が撮るためのものから、
妻を撮るために生まれ変わっただけ。

今日から妻のカメラの新しい役割が始まる。


**************************


my wife bought a camera.
it's been almost a year and a half since she start using SLR and
it is about time to step up from an entry-level model to a high-end.

here's a camera.
it has been used for a year and a half.
it is the one taught my wife the fun of photography.
she kept holding the camera every single day.
my wife's camera.


now she has a brandnew bigger SLR in her hands.
the camera I'm holding in my hand looks small now.
it was my wife's camera.

no! it is still my wife's camera.

it just changed its role.
it was a camera for my wife to take pictures.
and now it is a camera to take my wife's pictures.

the new role of the camera has just begun.